夜のバークレーのカフェに出没するインド人ナンパ師のグローバル社会での生き残り方。

       
1633 VIEWS
CATEGORIES:article
インドTOP

Danjiro

Feb.09.2016 - 08:16 pm

UCバークレー( カリフォルニア大学バークレー校 ) から歩いてすぐの距離に、私がよく行くカフェがある。

そこには夜な夜なインド人ナンパ師が出現する。夜9:00ごろになるとどこからともなくあらわれ、店内の女性に声をかけて、ひとしきりの会話のあと、その女性とカフェを出ていく。

6824740105_1cd8d7b672_b

二人の行方は夜の暗闇をのぞいて、誰も知らない。

私が大学の課題と格闘しているのを横目にである。許せない。断じて、許せない。しかし、まぁ、この人物ただものではない。なぜなら、、、ぶっちゃけ、ダサいからである。どこかで見たことのあるような、ないようなロゴのTシャツに、パステルカラーの半ズボン、そしてふっくらしたお顔に、くもったメガネ。髪の毛も豊かではなく、どちらかというと少ない。特に、頭頂部。( ちなみに彼は学生である )

ダサさというのは、主観的だし、総合的に決まるもので、メガネをかけているから、インド人だからということが言いたいのではない。私にはインド人の友達やメガネをかけている友達がいるが、イケメンもいるし、賢いし、努力家が多い。尊敬できる友人がたくさんいる。

このお方はどうか。性格は知らないけれど、ヴィジュアル的にイケメンかどうかと言われると正直悩ましいところだ。( 俺が言えたことでもないか。。。) でも、このお方はすでに勝者であり、きっと流行りのグローバル社会とやらでもやっていけるだろう。

なぜか?

それは、人種や文化の壁をつくらず、行動し、学習し、また挑戦していくメンタリティをもっているからである。彼は相手の国籍、人種がなんであろうと声をかけるし、一見、高嶺の花と思える女性にも果敢に挑戦していく。けっして、ハッピーな結果だけではないだろう。そうそうに会話を打ち切られたり、無視されたりもしている。それでも、次の日には、また違う方法で挑戦するのだ。少子高齢化、若者の内向き化、人口減少、市場のシュリンク( 縮小 )、ちかごろの日本は暗い話題に事欠かない。

私の世代はさとり世代などと揶揄されたりもする。この閉塞感、もしかして失敗を過度に恐れる姿勢にあるんじゃなかろうか?

正直に言おう。

私自身も、日本では失敗を恐れまくっていた一人である。集団の中で、かっこ悪く思われたくなくないなぁ、変だと思われたくないなぁ、と思って、手を挙げる、発言するのを控えたことが何度あることか。でも、バークレーに来て、幸か不幸か、図太くなった。( この辺りのことは後々書いていこうと思う。)そして、この変化によって、ずいぶんと生きやすくなったし、やりたいことにチャレンジする姿勢が取れるようになった。

なにが個人にとって、日本にとって「良い」ことなのかは難しい。でも、何か行動した方がよいと思う時、きっとこうした方がいい!と言いたい時、失敗を恐れて動けないのは、あんまり気持ちいいことじゃない。一歩踏み出したら、開かれる世界が、シュンとなって閉じちゃうのはちょっと寂しいじゃないですか!!だから、そんな時、このインド人ナンパ師のように、失敗を恐れずに行動し、そこから学んでまた挑戦できたらいい。

もちろん、リスクを考えるのは大事だし、「ナンパ万歳!」とは思わない。でも、前向きな人がもう少し増えたら、閉塞感はすこし晴れるだろうし、もうちょっと日本は明るくなるんじゃないかと私は思う。居酒屋や満員電車で愚痴よりも、ひとびとの笑い声が多い方が嬉しいよね。

15278867139_3ef050a33d_o
P.S. ちなみに、このインド人ナンパ師の行動様式は「リーン・スタートアップ」*1に似ている気がするのです。昨今のインド人起業家の躍進はこんなところにもあるのかも?

 

「リーン・スタートアップ」*1 :新しい製品やサービスを開発する際に、作り手の思い込みによって、顧客にとって価値のないものを作ってしまうことに伴う、時間、労力、資源、情熱のムダをなくし、時代が求める製品・サービスを、より早く生みだし続けるための方法論
(http://www.amazon.co.jp/gp/product/4822248976/ref=as_li_ss_tlie=UTF8&camp=247&
creative=7399&creativeASIN=4822248976&linkCode=as2&tag=leanstartupja-22 )

[Top image : https://goo.gl/QxdxsA]

       

Danjiro

UCBerkeleyで哲学を専攻。特技はクラシック・バレエ。割と濃いプロフィールだと思っていたが、はっちスタジオにはどちらも先駆者がいる笑 日本の大学を中退して、ぶらぶらしていたけど、勉強したいと思いUCBerkeleyで大学生活をスタート!好きなことを一所懸命に勉強しながら、いろんなことに顔を突っ込んでいます!